プロフィール

utgirlshockey

Author:utgirlshockey
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

マネとして、三年生として MG岡村

ついこの前におちゃらけた記事を書いたのに、急に真面目になるのはかなり恥ずかしいですね…
でもそう言っても始まらないので、大人しく真面目に書きます。
先に謝ります。
長くなりましてすみません。

ーーーーーーーーーーーーー


私は、運動部ってどんな感じなんだろう、スポーツを何か始めてみたい、スポーツやってるの格好いいよね、というノリでホッケー部に入部した。

もちろん、悩みもしたが、私は直感でビビっと来て決めたことで失敗したことが(記憶の限り)ないので、出会った日にビビっときたホッケー部に決めた。

たまに振り返って思うことは、よくこの部活に入ってくれたね大学一年生の私!ということ。
勿論、いい意味で。

下級生の頃は正直なところ、ホッケーが好きなのではなく、人が好きでこの部活にいた。
試合を見ると、涙がでるほど熱くなったけれど、それは先輩が頑張る姿を見て感動するのであって、その先輩が目指す一部昇格を想っていた訳ではない。

スポーツの世界で上を目指すことを知らなかった私は、一部昇格の価値も、レギュラーになることの価値も、ベンチ入りすることの価値も、全く分からなかった。
同期の中の劣等生で、後輩がどんどん追い越してきて、でもそれを、みんなすごいなぁと他人事に思っていた。
今思えば、負けず嫌いの私のちっちゃいプライドを守るために、無意識のうちに無視していたのかもしれないとも思うが、
この時は、本当に、悔しさという感情が欠けていた。

私が唯一それらしいことを学んだとすれば、叱られることの価値だ。
生まれて初めて、同世代に叱られる経験をした。
叱られることは、心地良いことではなかったが、自分が正しいと思い込んだことが、必ずしもチームの解ではないことを学んだ。
頑固レベルもちょっと下げられた。

そんなこんなで三年目。

自分でも分かるくらいの得意なことが少しはできて、やっと面白く感じてきた頃。
ホッケーと全く関係ないところでカラダの調子が狂い、グラウンドに近づくと動悸が起こり、どんどん足は遠のき、いつ戻れるかが分からなくなった。

この時、沢山の部員に、部活を辞めないで、と言われた。
実を言えば、選手を辞めるかどうかは眠れないくらいに悩んだが、部活を辞めるという選択肢は、少しも頭になかった。

でも、そう言われてやっと、端から見たら、相当に部活との距離が開いてしまっている、という現状を認識させられた。

今すぐに戻りたい。
もうどんな形でもいい。離れたくない。
私が思っていた以上に、私には部活が必要だった。

私は、マネージャーになることにした。

そして4ヶ月が経った。
今までフィールドの中から見て想像していたマネージャー像と、実際求められることは大分違って、戸惑うことが多々ある。
甘く見ていた部分も、無いと言えば嘘になる。

ただ、「マネージャーは、
選手ありきの存在である」、ということを他のマネージャーから聞いたとき、大分スッキリした。
これ自体は多分至極当たり前のことなのだけれど、それまで、なんとなく、選手とは分離すべき人という感覚だった。
それが、説明は難しいけれど、この言葉でなんだか腑に落ちた。

私が入部した時に二年生だった先輩、一番身近に感じていた先輩が、もうすぐ引退してしまう。
気がついたら先輩はどんどん頼もしさを増して、辛いときは本当に文字通り、常に気にかけてくれて、今では学年が一つ違いとは思えないくらいの存在感を放っている。

もっと上の先輩達は、出会ったときから既に少し遠い存在に感じるくらい、隙のない人達だったけれど、
失礼を承知で言わせてもらえば、
今の四年生の方々は、いつの間にやら一切の隙がなくなっていた、という印象だった。

私達に、同じような成長が、遂げられるだろうか。

秋リーグは、先輩にとっての集大成であり、私が、私達後輩が、どれだけ先輩を安心させられるかが試される場であると思う。

通過点でしかない今度の試合、
東大はきっと勝つ。

フィールドの外から、自分勝手だけど、そう確信を持って、サポートさせてもらいたいと思う。

ビデオカメラ越しの最高の笑顔を楽しみに。

東大、ファイト!!
スポンサーサイト

頑張るのが怖い #9丹羽


私は中高合わせて5年間、そして大学入学から今に至る2年半、ずっと運動部に所属していた。

親にも、友達にもよく「なんでわざわざ部活やってるの?」と意外がられる。




私は、けっこう面倒くさがりだ。
根性もないし、泣き虫で、かなりメンタルが弱い。

そんな私が中高の部活をときどき振り返ると思うのは、私はずっと、恐怖と闘ってきたということだ。



部活は、少なくとも私にとっては、

才能と努力、

どんな風に自己評価をしてそれを表に出すか、

緊張や追い詰められてる時の精神状態、


そんな普段の生活の中では見えないものを測られて、評価され、競争する場所である。



私はずっと、努力するのが怖かった。

まっすぐに部活が大好き、もっとしたいと言えない自分が怖かった。

あの人なんか頑張ってるね、大変そうだね、もっと楽に生きられるのにね、って笑われるのがイヤだった。

隙があればサボりたくて、逃げたいと思っている、自分はこれ以上上手くなれないんじゃないか、と考えている自分が怖かった。

そんな風に自己評価をしてしまう自分が嫌だった。

そんな自分を見抜かれることが一番怖かった。





ほんとうは、部活大好き、四六時中部活のこと考えてるよって笑顔で言えるようになりたかった。

そんな風に見える同期や先輩に憧れ、劣等感を持ち続けていた。



必死に頑張るのが恥ずかしくて怖い。
頑張れない自分に感じる、大きすぎる劣等感。

思春期の子供みたいかもしれないけれど、私にとってはずっと、今もしょっちゅう襲いかかってくる身近で偉大な恐怖心なのだ。



そんな私も大学に入って、なぜかまた運動部にいる。
部活に向いてないんじゃないかって思ったこと、一度や二度じゃないのに。
そんなことを思いながら、いろんな人、いろんな価値観と出会った。



そして今は思う。

私はずっと部活を舐めていたんじゃないだろうか?


努力が怖いのは部活を恐れてるのと同時に、どこかで部活を、必死で頑張る人たちを舐めてるからなんじゃない?
そんな風に人を舐めてるから、自分が舐められるのが怖くなるんじゃない?


だけど、同時に本当はすごくすごく憧れている。
必死に頑張りたい。
ずっとずっと抱えてた、ものすごく切実な願い。



だから最近の私は、必死でいたいって思っている。
ナメくさった自分より、必死になってる自分でいいんじゃない、と思っている。


勝つために。
試合にずっと出られるように。
うまいねって思ってもらえるように。
同期に頼られ、先輩に認められ、後輩に憧れられていたいから。
不純だけど、必死で努力したいのだ。



今でも時折面倒だし、試合や練習でもよく緊張して大失敗するし、いろいろとわずらわしい部活だけど。

けっこう部活が好きだ。
ホッケーのこと考えすぎて眠れない夜もある。
そんな自分もいるよ、
とたまに過去の自分に呼びかけたりしている。




秋リーグの最後、4年生を送り出す瞬間。
私はどのような気持ちなんだろう。

わからないから、前に進む。

目標の先にあるもの #10伊藤


わたしたち東大女子チームの目標は「1部昇格、2部全勝優勝」だ。

この目標を達成するために、私も、みんなも、この1年やってきた。そこには、楽しいことだけでなくきついこともあった。でも、目標を達成したかったから、一緒に頑張ってきたみんなのいるこのチームで結果を出したかったから、苦しいことも我慢した。もっともっと上を目指そうと努力した。そうすることが楽しかった。チームも自分も少しずつ前に進めているのが見えて嬉しかった。

春リーグ。わたし個人としては1部に行けるという自信があった。わたしたちの代になってからちゃんと努力したと思っていたから。でも、結果は全然だった。死ぬほど悔しかったけど、結局、努力が足りていなかったし、努力の方法もぴったりではなかったんだと思った。

それから今まで。春の悔しさはずっと胸に残っていて、「秋リーグこそは、絶対に、絶対に、1部に行くんだ」と思ってやってきた。自分の春にできなかったところを見つめ直して、どうしたら残り少ない期間で、秋の試合でチームを勝利へ導けるか考えた。気づくと、わたしの中で部活の占める割合は昔よりずっと大きくなっていて頭はホッケーのことばっかりだった。

でも、引退も迫ってきたなと思っていたあるとき、わたしは急に不安になった。
「わたしはどこへ向かっているんだろう?」
と。目標達成だけを見て、それに向かって一心にやってきて、その先に何があるんだろう。気づけば、こんなに心も時間もホッケーに割いてきたけれど、入替戦が終わったとき(勝っていると信じているが)、わたしは何を見ているんだろう。

正直、わからない、、。じゃあ、なんでそんなに頑張ってるの?頑張んなくていいじゃん、となるかというとそうはならない。何のために目標達成したいのか、はっきりとはわからないけど、でも絶対達成したいのだ。

ということは、「目標達成」が強迫観念になっていたの??きゃーこわ。

というのは冗談で、

入替戦の後、きっと、わたしはみんなで喜びたいんだ。達成感を味わいたいんだ、みんなで。やったね、と。

目標はある目的のために立てるものだ。わたしはおばかだったのであの目標をたてた目的を完全に忘れていたけれど、あの目標にはたくさん意味がある。達成しようとする過程で挑戦する心とか諸々得られるようになっているし、この部活にとってもよいことが云々、、ある。(詳細は割愛)それに、部活をやる意味が人それぞれ違うように、その過程で得られるものも人それぞれ違うのだろう。

そう、わたしがこの目標に本気で挑み、全力を注げるのは、達成する価値があると信じているからだ。だから、その先に何があるのかはっきりとわからなくてもいい。今、目の前にあることに本気で取り組むことは、絶対にわたしを裏切らないと信じている。最後、勝って、みんなで笑いたい、そのために頑張ろうと思う、この気持ちだけで、今やれることを一生懸命やりたいと思う。

傘も積もれば家となる

こんにちは、2年のあまだです。自分でせいちゃんと言うのは恥ずかしいので、あまだです。


早速ですが今週末の試合の告知を

10/21(土) 9:30~ @駒場
秋リーグ vs東京女子!!!


駒場で行われますので、ぜひとも観にいらしてください!
雨が降らないようにてるてる坊主を作っておこうと思います。


ここ最近雨の日が続いていますが、雨が降るといつも小さい頃に作った傘ハウスを思い出します。

傘ハウスというのは↓こんな感じのものです。

かさ
どーん

そうです、傘を組み立てただけです。
(画像は今朝がんばって早起きして撮りました)

小雨の降る日に近所の友達と、家にある大小さまざまな傘をありったけ持ち寄って作りました。

雨がちょっと強いときは傘ハウスの中で雨をしのぎ、雨が弱まってきたら傘ハウスの周りでスキップしたり遊んだりするのを繰り返していました。

いま思うと風邪を引きそうな遊び方で心配になりますが、当時はとても楽しかったです。

しばらく遊んでいたら、そばにあったお絵かき教室の子供たちがぞろぞろベランダに出て見物を始めたので、さすがに恥ずかしくなって撤収しました。

ちなみに、傘ハウスの中は傘の柄が邪魔でけっこう狭いです!

もっと大きく作ったら中も快適になるんでしょうか…

みなさんもぜひ傘ハウスを作ってみてください!とは言いませんが、どうぞ楽しい雨の日ライフをお過ごしください~


お次は、最近どんどんブルゾンちえみに近づきつつあるともみです!

◯◯◯と呼ばないで!

こんばんは。コンパから帰ってきて頭痛いなと思いながら今週専門科目に1コマしか出てないという衝撃の事実に気づいたちかです。(現在ongoingプロジェクトを5,6個同時に回しており多忙を極めているためということで正当化しておきたいと思います笑)
さて、新学期が始まって2週間が終わりましたね!2年生はそれぞれの専門の授業が始まっています。
ブログ振り返ってみると、皆さんホッケー部の何かしらのイベントのことを書いていますが、最近まじで通常練習しかないので、学部に関連して私が常々思っていることを書こうと思います(注:これはあくまで私の個人的意見です)
まず、私の所属する某学部は他学部の人からさばくと揶揄されてますが(その度に私はカチンと来ています まあでも説明がめんどくさい時には私もこのひと言で片付けています笑)、これに異論を呈したいと思います。ある教授が、さばくさばくというが、そうやって自分の人間力の低さを環境のせいにするでないとおっしゃっていました。本当にその通りだと思いますー。
・一部の人に見られますが、そもそも行かなければ「さばく」と言われるゆえんすら気づかない(し、他でコミュニティは広がっている)
・教授陣が本当に優しい
・◯◯◯◯という強力な相互扶助システムがある
・圧倒的コスパの良さ
ってことでさばくディスりはやめてください!!

まじでホッケーと関係なくなってしまいましたが、おかげさまですっきりしました。おやすみなさい〜